【50代は肌が汚い?!】汚いと言われる5つの理由と今からでも改善できる方法!

【50代は肌が汚い?!】汚いと言われる5つの理由と今からでも改善できる方法!年齢肌の疑問や情報

大変ショッキングな言葉ですが「50代は肌が汚い」というワードを度々見かけます。

ゆあまま
ゆあまま

否定できない悲しみ・・。

 

でも、50代でも肌がきれいな女性はたくさんいます。

忘れかけていたこと、わかっていたけど継続できなかったちょっとしたことを再び続けることで、肌がきれいになるチャンスはあるんですよ。

50代は肌が汚い?!なぜ?

改善するためにできることは?

まさに50代が気になることをまとめてみました。

お肌の悩みを抱える方はぜひ参考にされてくださいね!

 

 

50代は肌が汚い?!

【50代は肌が汚い?!】汚いと言われる5つの理由と今からでも改善できる方法!

SNSなどで「50代は肌が汚い」という話題を見かけるたびに胸が苦しくなります。

確かに以前のように透きとおる白い肌には遠いかも知れませんが、汚いというワードは悲しいですよね。

ゆあまま
ゆあまま

多少、自覚はありますが・・・。

 

では、50代は肌が汚いと言われるのはなぜでしょうか?

 

 

シミ

肌にポツポツとシミが増えると、美しい肌には見えませんよね。

シミの原因は「メラニン」という色素。

メラニン色素が皮膚内に沈着することでシミとなります。

 

簡単にいうと、メラニンは紫外線を浴びる事で生成されます。

また、日常生活でストレスを感じることにより活性酸素が増えてしまうことでもメラニンを過剰生成してしまいます。

正常な肌は、ターンオーバーでメラニンが排出されていくのですが、紫外線によってダメージを受けると、その力が弱くなってしまうんですよね。

 

さらに、年齢とともにターンオーバーの周期が遅くなることでうまくメラニン排出ができず、沈着しシミとなっていくのです。

加齢によるターンオーバー周期の乱れは避けることができないとしても、紫外線によるダメージは意識によって防ぐことができるので、しっかりと対策をしたいですね。

 

 

くすみ

透明感あふれる肌に「くすみ」は考えられませんよね。

お肌がくすむことで肌が汚く見えてしまうことは否めません。

一口に「くすみ」といいますが、くすみには数パターンあるんですよね。

 

肌が茶色く見える

紫外線、摩擦によるダメージを受けるとメラニンが生成されます。

メラニンが蓄積すると肌が茶色くくすんでしまいます。

 

肌がくすんで見える

乾燥により肌のキメが乱れ、かさついていると肌がくすんで見えます。

乾燥によるくすみは加齢に関係なく起こるので十分に気をつけたいですね。

また、透明感を失うのはターンオーバーの乱れにより古い角層が肌表面に止まることも原因に。

 

肌が青く暗く見える

血行が悪くなると青暗くくすんで見えます。

むくみやすい人は血行不良によりくすみが考えられますよね。

 

肌が黄色っぽく見える

栄養バランスの乱れから、糖質の過剰摂取や野菜不足などが続くと糖化によって肌が黄色っぽくくすむことがあります。

50代の肌では、メラニンによるくすみ、ターンオーバーによるくすみが大きな割合を占めるのではないでしょうか?

 

 

しわ

目元、口元にシワが増えると年齢を感じずにいれませんよね。

汚いというよりはおばさん化を免れないということになります。

 

目元や口元の小じわは皮膚の乾燥が原因となります。

皮膚が乾燥すると角質が剥がれやすくなり、隙間から水分が蒸発してしまうためシワができやすくなります。

乾燥対策は、シワ、くすみの原因となるので美肌を保つための必須条件だといえます。

 

 

肌のたるみ

お肌のたるみを「ブルドッグライン」とか「ゴルゴライン 」などといいますが、このようなたるみになってしまうと、やはり汚く見えてしますのでしょうね・・。

肌がたるむ原因は一つではありません。

 

⚫︎筋力(表情筋)の衰え

⚫︎コラーゲンやエラスチンの減少

⚫︎頬骨のカタチ

⚫︎生活習慣

⚫︎表情グセ

といくつかの原因が考えられますが、筋力の衰えや美容成分の減少は加齢によるものです。

エイジングケアが必要となりますよね。

ゆあまま
ゆあまま

エイジングケア=努力ですよね・・。

 

❤︎ ゴルゴラインを目立たなくする対処法をぜひ参考にされてください。

 

 

毛穴の開き

きめ細かな肌には毛穴の開きもないため、目立つ場合には肌が汚く見える原因となります。

体に比べ顔の方が皮脂腺が大きく発達しているため、残念ながら顔の方が目立ちやすいんですよね。

ゆあまま
ゆあまま

体ならなんとか隠せるのに・・・。

 

加齢と共に肌が乾燥しやすいことが知られていますが、乾燥を放置していると、潤いを保つためのバリア機能が損なわれるので、肌のキメが乱れ、毛穴が目立ちます。

また、加齢により美容成分が減少することから肌の弾力も失われていきます。

弾力を失うことで、毛穴が広がるたるみ毛穴となるのも年齢肌の悩みの一つです。

たるみ毛穴とは

顔全体が重力によって下がってしまうことで皮膚を引っ張られ、本来「円形」であるはずの毛穴が「楕円形」になること。

美容成分コラーゲンの減少や筋力の低下で肌がたるむことが原因となります。

 

「50代は肌が汚い」と言われる所以は、50代の肌悩みそのものなんですよね。

自然現象といえるお肌の悩み、それを汚いと言われるのはやはり落ち込みますよね。

努力して少しでもきれいな肌にできるものなら、できる範囲で取り組んでいきたいです。

ゆあまま
ゆあまま

切実な願い・・!

 

 

今からでも改善できる方法!

50代は肌が汚い?!と言われたって、決して諦める必要はありません。

大いに改善できる余地ありますので、以下のことを再度見直してみてくださいね!

 

 

保湿が必須

【50代は肌が汚い?!】汚いと言われる5つの理由と今からでも改善できる方法!

50代は肌が汚いと言われてしまう原因のほとんどが「お肌の乾燥」です。

肌が乾燥することで引き起こしてしまうことばかりですよね。

ということは、これまで以上に「肌の保湿」に気を使わなければいけないということです。

 

自分では保湿しているつもりでも、意外に肌は潤っていないことが多いんですよ。

保湿できていると過信しないためにも、スキンチェッカーなどで自分の肌状態を知ることが大切です。

スキンチェッカーでは、水分量、油分量、弾力、肌年齢のチェックができるので肌をきれいにするために知っておかなければいけない情報をGETすることができます。

50代の肌をきれいにする最大の鍵は「保湿」

スキのない念入りな保湿をおすすめ致します。

 

私は、

⚫︎ブースターオイル

⚫︎たっぷりな化粧水

⚫︎フェイスマスクシート

を使って保湿を心がけています。

「やりすぎでは?」と思うくらい保湿してちょうど良いのが50代肌のようです。

 

❤︎ 保湿についてはこちらを参考にされてください。

 

 

紫外線対策強化

【50代は肌が汚い?!】汚いと言われる5つの理由と今からでも改善できる方法!

紫外線対策についても良くご存知かと思いますが、意外にきちんとできていないことも事実。

年齢を経て、

シミやくすみに悩んでいる

肌乾燥の進みを感じる

ということは、肌のバリア機能が低下していることも大いに考えられます。

もちろん、年齢的なこともありますが、紫外線によるデメリットが大きいですよね。

 

今以上にくすみを増やさない

今以上にシミを増やさない

今以上に小じわを増やさない

ために、すぐにでも紫外線対策を強化されてください。

日焼け止めクリームは、一年通して必須です。

加え、飲む日焼け止めでダブル対策するのがおすすめです。

 

 

筋力アップ

【50代は肌が汚い?!】汚いと言われる5つの理由と今からでも改善できる方法!

筋力が衰えるのは体だけではなく、顔の筋肉も同様です。

筋力が衰えたら、顔全体のお肌が重力に負けて下がってきます。

ゆあまま
ゆあまま

いわゆるお肌のたるみですよね・・。

 

肌をたるませないためには筋力アップが必要なのです。

顔の筋トレですね。

顔の筋トレは、筋力アップだけではなく血流がよくなる効果があるので顔色も明るくなっていきますよ。

顔の筋トレはとても地味な運動(?)ですが、たるみや顔色を良くするために欠かせないものです。

 

❤︎ 顔の筋トレについてはこちらを参考にされてください。

 

毎日、顔の筋トレを続ける自信がない方には美顔器もおすすめですよ。

LOABIの目元美顔器は、低価格でそれなりの効果を発揮してくれています。

 

角質に美容成分を与える

【50代は肌が汚い?!】汚いと言われる5つの理由と今からでも改善できる方法!

このブログで何度もお伝えしていますが、20代後半からお肌の三大構成成分

⚫︎エラスチン

⚫︎コラーゲン

⚫︎ヒアルロン酸

の減少が始まります。

 

これらの美容成分が減少することで、肌の弾力やハリ、保湿力が低下していくのです。

美容成分の減少については、自然現象なので防ぐことができないのですよね。

だからこそ、上記で紹介した対策が必要となるのです。

ゆあまま
ゆあまま

悲しいことですが・・・。

 

でも、美容アイテムを利用して減少している成分を角質に行き渡らせることは可能です。

続けることで、ほんの少しずつでも失った成分を補えたらいいですよね!

 

強い強い願いを込めて、私はマイクロニードルアイテムを使用しています。

角質に美容成分を届けるのはもちろんですが、マイクロニードルが肌内部を刺激することで細胞が活性化する働きが期待されます。

ゆあまま
ゆあまま

細胞が活性化してくれたら、コラーゲンの生成もわずかでも行えるわけだし・・。

 

50代の肌には必要だなと考えました!

マイクロニードルには塗るタイプ、貼るタイプがあり、毎日のスキンケアに加えることが可能なので、余裕があればぜひ試していただきたいです。

 

❤︎ マイクロニードルの選び方

 

これらをランダムに継続して行うことで、50代の肌はまだまだきれいになるチャンスがあります。

「もう、50歳だから・・」

「もう、おばさんだから・・」

と諦めるのではなく、続けることが「美」へのプロセスだと感じています。

半年が経過する頃には、なんらかの効果が見えてくると思いますよ!

 

 

50代は肌が汚い?!まとめ

50代は肌が汚い?!と言われるのは

シミ

くすみ

しわ

たるみ

毛穴の開き

5つの理由だと考えられます。

ゆあまま
ゆあまま

この理由、やっぱり否定できません・・。

 

でも、諦めるのではなく今からでもきれいになるチャンスはあります。

自分の努力次第できれいな50代、夢ではありません。

現に、きれいな50代女性はたくさんいらっしゃいますからね。

ゆあまま
ゆあまま

諦めたら終わりです・・・!

 

また、外見的なことだけではなく50年生きてきた自分の経験値を魅力的に発揮できる女性でありたいですね。

人として魅力的であることも、きれいに見える条件だと考えます。

 

50代、美しい女性を目指してまだまだ磨いていきたいです!

この記事が、50代女性のお役に立てますように!!

 

 

50代は肌が汚い?!】汚いと言われる5つの理由と今からでも改善できる方法!を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました